清々しいカップルさんが、きものレンタルをご利用くださいました。

女性の方はきものを着るのがとても嬉しかったようで、足取りも軽くおでかけになりました。

 

カテゴリー:イベントレポート

ロシアからのお客様に、きもの体験をしていただきました。

初めてきものを着られるかたも多く、とても喜んでいただきました!

カテゴリー:イベントレポート

浅草で新年から始まっている新企画「浅草料亭イリュージョン」。

いよいよ、手妻師の藤山大樹さんの登場です!!

藤山さんは、日本伝統のマジック「手妻」の数少ない継承者。

その素顔は・・・・!?

はい。誠に気さくな好青年です。

しかも、実力は折り紙つき!

マジック界のオリンピックと呼ばれるFISMアジア大会で優勝し、

イタリアで行われた世界大会にアジア代表として選抜された経験もある、まさに若手のホープ!!

創作手妻「七変化」で世界を沸かせた実力者なんです!

 

 

この日も、たくさんの手妻を披露してくれました。

ちょっとだけ、見出し風に紹介すると・・。

 

この黒い風呂敷から何かが生まれる!?

タネも仕掛けもない、この大きい風呂敷からビックリなものが生まれます。

 

えっ!?本物の針を!?

神妙な顔つきの大樹さん、実は針を・・・。ヒー!怖い!!

この不思議は、ぜひ直接ご覧ください。

その他にも、瞬時に被っているお面が変わる「変面」なども披露。

手妻を堪能することができます。

 

手妻って、江戸時代のもんだから古くさいんじゃないの?と思ったあなた!

そんなことは、ありません!!

世界大会で入賞するくらいですから、「今」の時代に十分通用しているのは確かです。

今の観客が見て楽しめるアレンジを常に考えている藤山さんの手妻。

ぜひ一度ご覧ください。

外国のお客様がいらっしゃる時には、

英語で解説も対応も致します。

 

【日時】毎週土曜日開催 13:30〜(予約制)

【料金】3500円(税込)

【場所】 料亭婦志多(浅草駅)

※開場は開演の15分前になります。

※仕出し弁当のつくプランもありますので、ご希望の方はお問い合わせください。

【お申込み】新日屋(しんにちや)
TEL:03-5652-5403(平日10:00~17:00)
メール:reservation@shinnichiya.com

※参加予約を受付けております。
※お席があれば、当日のご参加も可能です。


日本全国寒波襲来!!東京も冷えますね〜。

さて今回は、新日屋で1月から始まった新企画「浅草料亭イリュージョン」について。

一体参加した方は、どのような体験ができるのか?

ちょっぴり覗き見しちゃいましょう!!

 

浅草の老舗料亭「婦志多」が今回の企画の会場。

訪日外国人の旅行先人気ナンバーワン!江戸情緒を今に伝える粋な街・浅草の中でも、

粋筋が通う浅草寺の観音裏に「婦志多」があります。

 

婦志多は「出世芝居」と言われた宮戸座跡地に建つことから「開運の名席」と呼ばれてきました。

新年の門松も立派です!

日本家屋にやっぱり映えますね〜。

(ちょっと小さいですが)浅草料亭イリュージョンは、この看板が目印です。

門構えに緊張しますが、臆せずどうぞ中にお入りください。

玄関を上がると、なんともゴージャスなお花と書が飾られていました。

会場は、2階の大広間です。

 

床の間はめでたい新年にちなんだ軸と飾りが施されています。

この日は、10名ほどの方がご参加です。

まずは、料亭のお座敷には欠かせないこの方の登場!

よ!!

待ってました!!

幇間の桜川八好さんです!

手妻の合間に、解説と幇間芸を披露してくれます。

大黒様に扮する八好さん。

羽織・手ぬぐい・扇子といった基本的にお座敷にあるもので楽しませるのが幇間の芸。

 

ほかにも、お正月にめでたいものを!ということで、鶴・亀というのもありました。

下が亀です。

八好さんいい顔してます。

こんなベストショットを抑えつつも、鶴があっという間で撮りそびれました。ごめんなさい。

ライオンキングのような、動きを見せる鶴も必見です!

 

あれ?手妻じゃないの?と、思った方もいらっしゃるかもしれません。

でも、せっかくの伝統芸能体験にいらっしゃったのですから、手妻のほかにも芸能を知ってほしい!

ということで、幇間のほかにも、邦楽や神楽など、日本の伝統芸能をほんの少しですが、

手妻の合間に楽しんでいただこうというものです。

計画していく予定です。

 

もちろん手妻もたっぷり披露していただきます。

若手手妻師として活躍する藤山大樹さんの登場です!

その弐に続きます!!

 

 

※参加予約を受け付けております
※事前にご予約ください(電話・FAX・メール)
※申込みフォームよりお申込みの方は、質問欄にご希望の日にちをご記入ください。

【お申込み】新日屋(しんにちや)
お申し込み・お問い合わせフォーム
TEL:03-5652-5403(平日10:00~17:00)
メール:reservation@shinnichiya.com

皆様のご参加お待ちしています!


橋楽亭きものレンタルの新年第1回目は、インドネシアからのTV取材です。

ミスインドネシアのおふたり。

さすがのお美しさです。

 

こまかい段取りとセリフが用意されていたようで、何度かNGを出しながらも楽しそうに撮影されます。

この日はそのままお座敷遊び体験にもご参加いただきました。

ゲームにも挑戦され、ご自分のお席で練習するほど夢中になっていらっしゃいました。

最後に記念撮影。

「楽しかった~」

と、日本語でおっしゃっていただきました。

どのような番組になるのでしょうか。

楽しみです。

 

 

カテゴリー:イベントレポート

新年のご挨拶が遅くなりました。

皆様今年も宜しくお願いいたします。

 

実は、新日屋が行なっている企画が新年からリニューアルしました!!

まずは、江戸のマジック・手妻を鑑賞する企画!

数少ない継承者、若手手妻師の藤山大樹さんの定期公演です。

浅草の老舗料亭「婦志多」の趣あるしつらえの中で、

江戸から続く伝統芸能をご堪能ください。

浅草料亭イリュージョン

【時間】13時半〜14時半

【場所】料亭婦志多(浅草駅)

【料金】3500円(税込)

 

続いて、夜はコレド室町で開催している「芳町芸者とお座敷遊び」が

毎週の定期開催となりました。

日本橋の芳町芸者と一緒に「金比羅ふねふね」や「とらとら」などのお座敷遊びを体験します。

日本語・英語の二ヶ国語での対応です。

芳町芸者とお座敷遊び

【時間】18時〜19時

【場所】コレド室町3

    3階「橋楽亭」(三越前駅)

【料金】5000円(税込)

 

※参加予約を受け付けております
※事前にご予約ください(電話・FAX・メール)
※申込みフォームよりお申込みの方は、質問欄にご希望の日にちをご記入ください。

【お申込み】新日屋(しんにちや)
お申し込み・お問い合わせフォーム
TEL:03-5652-5403(平日10:00~17:00)
メール:reservation@shinnichiya.com

皆様のご参加お待ちしています!


新日屋の年末年始の休業についてお知らせいたします。

 

【年末年始のお休み】

12月29日(水)〜1月4日(水)

 

新年は1月5日 午前10時から営業致します。

あっという間の一年でした。

来年も、皆様がお楽しみいただけるような企画を提案していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

良いお正月をお迎えください。

 

カテゴリー:お知らせ

本日は、橋楽亭きものレンタルにメキシコのTV局からの取材が入りました!

番組内で、日本の歴史や文化をご紹介くださる予定です。

女性レポーターさんがきものを着て、コレドの館内や日本橋周辺の散策をされました。

どのような仕上がりになっているのでしょうか。

放送は12月7日、12月8日だそうです(現地ですが)。

楽しみです。

  

 

 

カテゴリー:イベントレポート

新日屋の冬のおすすめ企画の一つが「冬を愉しむこたつ舟 江戸切子と日本酒の会」。

江戸切子について知識を深めた後は、実際に使っていただきましょう!

冬の始まりを告げる「こたつ舟」に乗り込み、そこで、舟からみる冬の景色を

楽しみながら、切子グラスを使って日本酒を召し上がっていただくのです。

こたつ舟は、江戸時代から楽しまれている冬の舟あそびの一つ。

旧暦十月の亥の日に火鉢や、こたつを出すとされていますが、

今年は少し早い11月1日がその日にあたりました。下見にお邪魔した11月上旬。

今回乗船する「舟遊び みずは」の舟は、今年は少し遅れてこたつ開きを行うそうで、

まだいつもと変わらないしつらえでした。

でも、こたつ開きの後には、布団はもちろん、座面には電気毛布と、

暖かさには万全を期すそうです。

東京を舟で周ると、いつもとは違った風景が見えてきます。

例えばこの「日本橋」も、舟に乗って下から見るとこのような細かい細工が。

晴れていると、冬の青空の下で隅田川の風景が楽しめます!

実は、江戸時代には隅田川は、雪の名所でもあったそうです。

「江戸の雪景色は隅田川をもって第一とする」とまでいわれたとか。

もう初雪は済んだので、可能性はあるかも知れません!

こたつで足元からぬくぬく暖まって、切子のグラスでちょっと一杯はじめれば、

身体の中もポカポカとなってきます!!

日本酒は東京23区内唯一の酒造、北区小山酒造の「丸眞正宗」を召し上がっていただきます。

冬の初めの江戸遊び。キラキラと輝く切子グラスで楽しみましょう。

お酒は嗜む程度・・・という方には甘いものもご用意します!

皆様のご参加をお待ちしています。

 

【日時】12月3日(土)13:00~ 終了予定15:30

13:00~14:00 華硝で江戸切子を学ぶ

14:30~15:30 日本橋船着場より日本酒クルーズ

【会場】江戸切子の店 華硝(三越前駅) 料金:12600円

(税込、講座、日本酒利き酒、おつまみ、お土産付き)

※参加予約を受け付けております
※事前にご予約ください(電話・FAX・メール)
※申込みフォームよりお申込みの方は、質問欄にご希望の日にちをご記入ください。

【お申込み】新日屋(しんにちや)
お申し込み・お問い合わせフォーム
TEL:03-5652-5403(平日10:00~17:00)
メール:reservation@shinnichiya.com

カテゴリー:おすすめ企画

日本に来て20年ほどの、日本語ペラペラの韓国のお客さまが、アメリカのお友だちを連れてきてくださいました。

カリフォルニア在住の彼女は、きものを着るのは初めてだそうです。

玄関を入るなり(たぶん入る前から)かなりのハイテンション。

賑やかにきものを選んで、着付けの最中もとても楽しそうでした。

 

きょうは、きものを着て神楽坂を散策される予定だったそうですが、日本橋のガイドブックをお渡ししたら、

「日本橋も楽しそうなところがたくさん!」

ということで、急遽日本橋散策に変更になりました。

お天気にも恵まれ、よき1日になったようです。

 

 

 

 

カテゴリー:イベントレポート