【2/13】高木秀樹の2月文楽講座&鑑賞

イヤホンガイドでおなじみの高木秀樹先生による事前講座付き文楽鑑賞。これから見る演目の見どころ・聞きどころを、わかりやすく解説するので、観劇の楽しみがひろがります。講座の後は、劇場に移動して1等席で文楽を鑑賞。チケットがとりにくい文楽のお席を早く確実に手配します。講座にお弁当&お茶付きで観劇初心者の方も安心です。

2月文楽公演 第二部(14時30分開演)

【演目】大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)

大経師内の段/岡崎村梅龍内の段/奥丹波隠れ家の段

「大経師昔暦」とは・・・近松門左衛門作。京都の大経師(暦を納める特別な職)の妻 おさんと手代 茂兵衛との密通事件を脚色したもの。闇紛れの人違いのために止むなく起こってしまった事件による悲劇を描いている。近松三姦通物の一つ。通称「おさん茂兵衛」。

【日時】 2019年 2月 13日 (水)

講座 13時00分~14時00分

鑑賞 14時30分~ 終演17時30分予定

【会場】講座 国立劇場伝統芸能情報館 3F

鑑賞 国立劇場 小劇場

【交通】    東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」他

【料金】    8,000円(税込、事前講座、文楽1等席、お弁当・お茶付)

* 講座のみ受講の方は 2,000円