新日屋の夢

「東都繁栄の図」歌川広重(国立国会図書館所蔵)

~わたしたち新日屋が「芝居茶屋」を立ち上げた背景には、日本の伝統芸能の「わかりづらさ」を解消し、日本の伝統芸能に初歩から気軽に触れることができる場を提供したいという思いがあります。欧米の文化をどん欲に吸収した現代日本の風俗や生活様式をもとに戻すことはできないながら、そうした中で和の心を取り戻す「和心回帰」を仕掛けていきたい。~(以上、本文より)

「戯場国(芝居国)」という劇空間

江戸の劇作者 式亭三馬は、劇場を「戯場国(けじょうこく)」というひとつの国とみなし、そこで行われる演劇そのものと役者と観客は一体化していて、そこに特有の現象や風俗が存在したと語っています。戯場国においては舞台と観客席とが「同じ天を戴く」関係であり、立錐の余地もない大入りになると見物客は舞台に上がって観劇し、役者は足元を大勢の観客たちに囲まれながら、わずかな空間で芝居し、踊りました。いわば観客席と舞台は融合していて、舞台に降る雪や桜の花びらは観客の上にも舞い降り、芝居の時空を観客ひとりひとりが共有していたといいます。
戯場国は、吉原と並んで「非日常的時空」をもつ別天地とされ、そこへ向かう人々は心ときめかせて早朝から芝居見物に向かう準備を整えました。戯場国はワクワク感に溢れる劇空間であり、江戸庶民は築地から屋根船に乗って隅田川をさかのぼり、浅草猿若町の芝居へと向かいました。

江戸の芝居茶屋の役割

戯場国へ行く一日は、朝10時から夜6時までたっぷり終日を要し、人々はゆったりとした物見遊山として芝居見物を楽しんだといいます。
当時、芝居見物の盛り立て役として、芝居茶屋が存在しました。芝居茶屋は、一般には芝居小屋と隣接した食事処で、見物客のための座席予約や乗り物などの事前手配を一手に引き受け、芝居当日には茶屋から直接、芝居小屋の座席まで特別通路で客を案内し、幕間には弁当や茶菓を供していました。芝居見物といえば、芝居を見る以外に、芝居茶屋での食事のひとときも楽しみのひとつになっており、幕末から明治の動乱期を生きた女性 今泉みねによる芝居見物の回想記によれば「桟敷の中におすもじやお菓子や水菓子など運ばれてみんなで賑やかにいただきましたが、上気して喉がかわいた時の水菓子のおいしさは今もおぼえています」(『名ごりの夢』)。
当時の芝居の座席予約は芝居茶屋に依頼する以外に方法はなく、芝居茶屋を経由しての芝居見物は最上等に属していました。すなわち、芝居茶屋は「戯場国」の一端として重要な役割を担っていたのです。

いまこそ「江戸の風流な遊び方」を

江戸遊び

翻って考えるに、現代日本の芝居見物の現実はどうでしょうか。「分刻みで運行する電車に揺られて通勤し、せわしない午前中を過ごしてから寸暇を惜しんで昼食をとり、再び午後の仕事に追われて一日をやり過ごした後、わさわさと劇場に向かい、しばし観劇を楽しんでから家路につく」と。これで果たして「素晴らしい」「楽しい」「おもしろい」といった芝居見物の喜びを満喫できるのかといえば疑問です。心の豊かさへとつながるはずの感動も浅いまま。ゆったりとした雰囲気と、心のゆとりがあってこそ、伝統芸能の奥深い楽しさを味わうことができるのではないでしょうか。また、観客席と舞台が融合して観客ひとりひとりが戯場国としてのワクワク感に溢れる劇空間を共有してこそ、初めて心から楽しむことができるのではないでしょうか。



日本の伝統芸能が直面する現実

娘義太夫研究家・水野悠子さんが大学生を対象に伝統芸能の基礎知識アンケートを行ったところ、『白浪五人男』の名せりふ「知らざァ…」に続く「言って聞かせやしょう」の正解者は、199人中たったの4人(正解率2%)、不正解14人、無記入181人という結果が出ました。

まさにいま日本の伝統芸能は危機的状況に瀕しています。現代の日本人は、外国の芸能であるミュージカルやオペラに親しみをもって劇場へ足を運ぶのに、日本の伝統芸能の世界に踏み込んでいけないという現実があります。理由は簡単です。内容がわかりづらく、感動できないからです。演目はリピーター対象のミドリ狂言が主流で、ストーリーを理解しやすい通し狂言は少なく、また、義太夫などの独特な語りは、さらに理解をむずかしくさせています。

わたしたち新日屋が「芝居茶屋」を立ち上げた背景には、日本の伝統芸能の「わかりづらさ」を解消し、日本の伝統芸能に初歩から気軽に触れることができる場を提供したいという思いがあります。欧米の文化を貧欲に吸収した現代日本の風俗や生活様式をもとに戻すことはできないながら、そうした中で和の心を取り戻す「和心回帰」を仕掛けていきたい。「芝居茶屋 新日屋」が、日本の古きよき伝統芸能や文化を再発見するきっかけとなり、それが世代を越えていつまでも続いてくれることを願ってやみません。

「和心回帰」を芝居茶屋 新日屋から

そして新日屋は「現代版 芝居茶屋」を目指します。わたしたちは、単に芝居見物のためのチケット販売をする業者ではありません。古典芸能に対する理解が深まる初心者向けの講座や、当日の観劇の出演者をお招きしてのトークショー、アングルを変えて舞台を眺めるバックステージツアー、名料亭での会席料理といった「プラスアルファ」を芝居鑑賞と組み合わせるのです。そして、一般のお客様が役者、芝居との距離をせばめられる機会や、着飾って劇空間に参加できるような場を提供したいと考えています。これにより、芝居見物の楽しさを何倍にもふくらませ、ハレの場の雰囲気を江戸の当時以上に盛り立てていけたらと考えています。
わたしたちは、徹底的にほんものの和を楽しめる場をつくり、和で癒される世界を広げていきたいと願っています。ある意味、わたしたちが売っているものは、「ゆったりとたおやかに流れる時間」といえるでしょう。

注目の「ロハス」的発想も

ところで、わたしたち新日屋が携わっている仕事は、いま注目されている「ロハス」の考えと合致したところがあります。
たとえば、「和」に着目し、あらゆる和の芸能に気軽に親しめる場を提供し、その伝統の継承に貢献したいと願っている点。また、着物で出かけるにふさわしい「非日常」のハレの場を提供することで、和文化の盛り立てにも一役買っています。
ゆとりある時間をお客さまに提供することで、明日への活力につなげていただく一方、伝統芸能に触れる機会を提供することで愛好家が増え、伝統芸能の活性化にもつながっています。心地よい時間を過ごすことで、お客さまの気持ちもイキイキし始め、それは次なる行動(もっと伝統芸能に親しんでみたい、さらに新たな伝統芸能にも目を向けたいなど)への原動力となります。
 また、美しい舞台、美しい料亭のしつらえ、美しい芸人の身のこなしによって心が磨かれ、料亭文化のような非日常の和空間に浸ることで心地よさが堪能できるといえるでしょう。



「戯場国」を復刻させるドリームプロジェクト

わたしたちが最終的に行きつくところは、江戸の「戯場国」を現代に再現することです。舞台と観客席とが一体感をもち、演じる側も役者冥利に尽きるような、観る側にもワクワクする心を呼び覚ますような「戯場国」を自分たちの手で創り出すのです。
江戸の風流な遊び方である芝居茶屋のスタイルを現代に復活させたいま、様々な楽しさを盛り込んだ、ゆったりとした観劇のひとときを提供するところまで前進してきました。次なるステップである「戯場国」への道のりは遠いかもしれない。しかしながら、それが実現するにせよ、しないにせよ、戯場国復活のドリームプロジェクトに向かってわたしたちは、日々たゆまぬ努力を続けていきたいと考えています。

まとめ

日本の伝統芸能を取り巻く環境の一部として、新日屋は小粒ながら「やさしさ」とともに未来に向かって歩み続けています。目指す「戯場国の復活」の日は遠いかもしれない。それでも、新日屋は夢を忘れず、日々静かなる努力を続けていきます。