【終了】京都 上七軒 北野をどりで春を満喫! 12名限定!

2017/04/05

底冷えのする京都の冬が明けて、待ちに待った春がやってきます。
京都に春の訪れを告げる行事の一つが、花街の春のをどりです。
芸舞妓たちが舞・三味線など日頃の稽古の成果を披露する華やかな舞台は、
大勢の人たちを魅了します。

 

「北野をどり」は、昭和27年に北野天満宮千五十年の万灯祭に合わせて初めて開かれました。
以来、京都の春を伝える風物詩として親しまれています。

第一部は、セリフのある舞踊劇。第二部は、日頃の稽古の成果を披露する純舞踊。
特に人気なのがフィナーレの「上七軒夜曲」です。黒裾引きずり姿にキリッと揃えた芸妓たち、
色とりどりの鮮やかな衣装の舞妓が総出演する圧巻の舞台は
「春からええもん見せてもろたなぁ」と、見た人を華やいだ気分にさせてくれます。

今回の企画は、十二名限定。
まず、上七軒の歌舞練場に集合していただき、春のをどり名物の舞妓が点てるお茶をいただきます。
その後「北野をどり」を鑑賞し、上七軒で人気のお茶屋「市」に移動。
春の味覚が詰まった京料理のお食事をご堪能してください。
そこに、舞台を終えた、芸舞妓たちが皆様にご挨拶に訪れます。

ぜひ、京都の春をお楽しみください。

 

【日時】4月5日(水)      

15時〜 上七軒歌舞練場  集合

16時〜 北野をどり鑑賞

鑑賞後 上七軒のお茶屋「市」にてお食事

【会場】 上七軒歌舞練場 上七軒 お茶屋「市」

【料金】40,000円

(税・サ込、食事、北野をどり鑑賞、お花代)ドリンク別

【お申込み】新日屋(しんにちや)
TEL:03-5652-5403(平日10:00~17:00)
メール:reservation@shinnichiya.com